• 「綴」とは

    人の爪先をやすりで削り爪をくしのかわりにして織る。ハツリとぼかしを合わせて使いこなして、職人の感性で織りあげる。

  • 西陣爪掻本つづれ織【動画】

    西陣爪掻本つづれ織を動画にてご紹介いたします。

  • 作品紹介

    冨久紗(袱紗)、掛軸、織額、タペストリー、テーブルセンター、懐紙入れ、名刺入れなどつづれ織で多様な製品を制作しております。

  • 石川つゞれ(会社概要

    昭和3年創業から今に至るまで、伝統ある技術と皇室献上実績などをご紹介いたします。

  • ブログ 2019.06.19

    京都の夏の風物詩『祇園祭』の季節に合わせて、制作現場の見学会を企画しました。西陣産地では年間300点ほどしか生産されていない『西陣爪掻本つづれ帯』なかなか出会う機会もなくなったと多くの方からお聞きします。普段は公開しない西陣爪掻本つづれ織の『工房見学・つづれ機織り体験』を開催いたします。みなさまのお申込み、お待ちしております。

【 富久紗(帛紗) 】

慶びや哀しみを共に

詳細を見る

【本つづれ帯】

至極の一品 

詳細を見る

【掛軸】

~ 床の間を彩る ~ 

詳細を見る
PAGE TOP