Online Shop

掛軸

床の間に品格を。四季を通じでお使いいただける図案を中心にご用意いたしました。
つづれ織り独特の「品格」をお楽しみいただけます。

掛軸『武者人形』

2,000,000
図案 藤野燎仙(ふじの・りょうせん)

『武者人形』解説
「かぶと」は男子の健やかな成長と立身出世を願う掛軸で、5月の端午の節句や男子誕生のお祝いなどにも用いられます。

図案家 藤野燎仙(りょうせん) の略歴(1925年~2005年)

日本の伝統的美意識の追求と伝統的美術の創作活動に専念。
西陣織の帯図案を制作、特に綴織の図案には評価が
高く、空間を生かした古典的な柄付けには定評がある。

・日本図案家協会会員  
・西陣爪掻本綴織図案展出品作品多数

本体:縦175cm×横44cm
本紙部分綴織(正絹):縦115cm×横30cm(国産)

掛軸『風神』

2,000,000
風神 雷神 
屏風図(写し)

原画:俵屋宗達
臨済宗大本山 建仁寺所蔵
国指定重要文化財

本体:縦173cm×横44cm
本紙部分綴織(正絹):縦85cm×横30cm(国産)

掛軸『雷神』

2,000,000
風神 雷神 
屏風図(写し)

原画:俵屋宗達
臨済宗大本山 建仁寺所蔵
国指定重要文化財

本体:縦173cm×横44cm
本紙部分綴織(正絹):縦85cm×横30cm(国産)

掛軸『大津絵』

1,900,000
「大津絵」 解説
滋賀県近江国追分(髭茶屋追分)を発祥の地とされている「大津絵」。寛永年間(1624- 1644年)のころに仏画として描かれ始めました。
やがて世俗画へと転じ、教訓的・風刺的な道歌を伴うようになりました。

大津絵の代表的な図柄
藤娘・・・愛嬌で良縁を得る
奴の槍持ち・・・一路平安、道中安全
寿老人・・・無病、長寿
鷹匠・・・五穀成就、紛失帰る
鬼の念仏・・・子供の夜泣き止め
弁慶の鐘・・・火難、盗難除け体強健、金運
瓢箪なまず・・・水難除け、万事円満解決

本体:縦190cm×横44cm
本紙部分綴織(正絹):縦105cm×横30cm(国産)

掛軸『慶祝』

2,200,000
図案:小山静陽
本体:縦205cm×横44cm
本紙部分綴織(正絹):縦115cm×横30cm(国産)

慶祝
蘭、竹、菊の3種を、草木の中の君子として称えた図柄。 君子とは徳と学識、礼儀を備えた人を指し、文人画の代表的な素材にもなった。
図案は日本画家小山静陽画伯による。

・日本画家 小山静陽  略歴(居:京都市右京区御室)
1932年 大阪に生まれる
1955年 京都市美術大学・日本画科卒業
秋野不矩・上村松皇に師事
卒業後、日本画古画の研究を続ける
1957年 二科展入選
1995年 京都薬師山、一様院 本堂襖絵制作
1996年 茶道速水流 宗匠画像制作
1997年 日本画個展 於:京都文化博物館
2009年  喜寿の日本画個展 於:京都文化博物館
PAGE TOP