Online Shop

名刺入れ・小物

絹の上品で重厚な風合いを是非その手でお試しください。
優しく、しっかりとした触り心地は使い込むごとにその違いが分かります。

名刺入れ『朱黒』

10,000
本体綴織(正絹):縦10cm×横18.5cm(国産)

絹の重厚な風合い、手に馴染むつづれ織の名刺入れです。
昔ながらの伝統技法で織師が「一越一越」
丹念に糸を織り込み、心を込めて作り上げています。

名刺入れ『金黒』

10,000
本体綴織(正絹):縦10cm×横18.5cm(国産)

絹の重厚な風合い、手に馴染むつづれ織の名刺入れです。
昔ながらの伝統技法で織師が「一越一越」
丹念に糸を織り込み、心を込めて作り上げています。

数珠入『無』

160,000
本体綴織(正絹):縦18cm×横12cm(国産)

お数珠は本来床などに直接おいてはいけないといわれています。
この数珠袋は女性から男性まで、幅広くお使いいただけます。ボタンやマジックテープ等を使用しないシンプルな二つ折りの数珠袋です。

経本数珠入れ(五条袈裟仕様)

280,000
本体綴織(正絹):縦24cm×横16cm(国産)

歴史的につづれ織の聖地とされている奈良県葛城市の「當麻寺」にある蓮を譲り受けることができ、その蓮を使用し「當麻寺中之坊」に残されている約300年前の蓮糸で織られた袈裟の色を再現することに成功しました。
そして西陣織伝統技法の「綴織」で生地を織り、手縫いで袈裟仕様の経本数珠入れを仕立てました。

懐紙入『瑞雲』

15,000
本体綴織(正絹):縦10cm×横18.5cm(国産)

めでたいことの起こるきざしとして現れる雲。祥雲。
瑞(めでた)い事の前兆に出る雲。大変縁起のいいものとされる、
紫や五色の雲。祥瑞の雲。「瑞(ずい)」は「めでたいしるし[=吉兆]」をあらわす言葉。「瑞」は訓読みで「めでた(い)」と読める。茶道具にはよく命名される。

懐紙入『宝尽くし』

15,000
本体綴織(正絹):縦10cm×横18.5cm(国産)

もとは宝物を集めた中国の文様ですが、日本風にアレンジされて現代に至ります。構成要素は、思いのままになる如意宝珠、体が隠れる隠れ蓑みの・隠れ笠、打てば宝が出る打ち出での小槌、大切なものを守る土蔵の鍵、砂金や金貨を入れる金嚢(巾着)、祇園社の護符の祇園守 、金を量る分鋼、仏宝の丁子、花輪違い(七宝)、知恵を表す宝剣、とても貴重な品の香料や薬の原料「丁子」、怨敵退散の意味がある「法螺」などです。これらは時代によって多少変わり、また、すべてが揃わなくても宝尽くしと呼びます。福徳をよぶ代表的な吉祥文様として、晴着などに多用されます。

懐紙入『松葉』

15,000
本体綴織(正絹):縦10cm×横18.5cm(国産)

緑樹の松は色の変わらぬ不変性が尊ばれ、また、千年の樹齢を保つといわれることから長生きの象徴として、吉祥の木とされています。松だけを意匠としたものは平安時代からあり、以来、様々に意匠化され、絵画や工芸品などに数多く使われてきました。
現代でも、松葉は格調の高い文様として様々な、きものや帯によく用いられます。松葉は文様として多用されてきました。その針状の葉はほかの木の葉とは異なり、単純なものでは、ニ股に分かれた直線が、一点で結び合う形で表されます。線だけの表現としてデザインとして、「座りの良さ」が命になります。ほかにも多様な表現があり、松葉丸文や松葉小紋もあり、紋章にも見られる格調高い柄です。

懐紙入『貝合わせ』

15,000
本体綴織(正絹):縦10cm×横18.5cm(国産)

貝合わせは、内側を蒔絵や金箔で装飾されたハマグリの貝殻を使用します。蛤は対の貝しか合わないため、 平安時代から貝合わせの遊びに使われました。貝合わせに用いる、内側が美しく装飾された貝を合わせ貝、それを納める容れ物を貝桶といい、おめでたい文様として、単独で、または組み合わせて、きものや帯 に多用されています。
また、対になる貝を違えないところから夫婦和合の象徴として、嫁入り道具の美しい貝桶や貝が作られました。貝の内側に描かれるのは自然の風物や土佐一門風の公家の男女が多く、対になる貝には同じく対になる絵が描かれました。美しく装飾された合貝を納めた貝桶は八角形の形をしており二個一対でした。婚礼行列が婚家に到着すると、まず初めに貝桶を新婦側から婚家側に引き渡す「貝桶渡し」の儀式が行われました。現在では人前式のセレモニー「貝合わせの儀」として使用されるようになっています。

懐紙入『みずぐるま』

15,000
本体綴織(正絹):縦10cm×横18.5cm(国産)

車輪が水の流れにかくれて、半分見えなくなった状態を文様化したもので片輪車文ともいう。これは、平安の頃の王朝貴族が用いた牛車の車輪を乾燥から防ぐために、はすして、鴨川の流れに浸したありさまを図案化したといわれています。流水や草花を添えるほか、「車だけ」のものもあります。「車だけ」で、ご存じのお方様は、流水が見えてくるようになります。車のかくれ方で、ないものを見せる。イメージさせる。
「はぶくことの美」 日本文化ですね。

懐紙入『雪月花』

15,000
本体綴織(正絹):縦10cm×横18.5cm(国産)

雪と月と花。四季の自然美の代表的なものとして、冬の雪、秋の月、春の花をまとめてこう呼ばれています。四季おりおりの風雅な眺め。
四季おりおりに楽しむ、よいながめ。
また茶の湯では、一座七、八人が雪・月・花の札をひき、雪に当たった人が菓子を食べ、月の人が茶を飲み、花の人が点前を行うもの。
裏千家の玄々斎が七事式の追加として考案されました。
PAGE TOP