商品コード:tk-004

掛軸『大津絵』

tk-004
tk-004

「大津絵」 解説
滋賀県近江国追分(髭茶屋追分)を発祥の地とされている「大津絵」。寛永年間(1624- 1644年)のころに仏画として描かれ始めました。
やがて世俗画へと転じ、教訓的・風刺的な道歌を伴うようになりました。

大津絵の代表的な図柄
藤娘・・・愛嬌で良縁を得る
奴の槍持ち・・・一路平安、道中安全
寿老人・・・無病、長寿
鷹匠・・・五穀成就、紛失帰る
鬼の念仏・・・子供の夜泣き止め
弁慶の鐘・・・火難、盗難除け体強健、金運
瓢箪なまず・・・水難除け、万事円満解決

本体:縦190cm×横44cm
本紙部分綴織(正絹):縦105cm×横30cm(国産)

掛軸『大津絵』
在庫状態 : 受注生産
¥1,900,000(税別)
数量