つづれ織の知恵袋

新商品開発スタート!つづれ織りでドレスを制作します。

マカオの展示会の目玉としてつづれ織りでドレスを制作することが決定しました。
このプロジェクトには『和』のテイストを大切にしつつ、斬新なデザインが必要となります。
その難関に挑むため、このドレスのプロデュースを書道家の高岡亜衣様にお願いいたしました。
高岡先生は実際に着物をリメイクしたドレスをご自分でデザインされています。
高岡先生のデザイン画をもとに生地の開発から始まり、縫製の手順や細かな仕様の打ち合わせをいたしました。
New product development started! Produce dresses by spelling.
It was decided to create a dress with spelling as the centerpiece of the Macau exhibition.
This project requires a novel design while valuing the taste of “wa”.
To challenge the challenge, I requested calligrapher Ai Takaoka to produce this dress.
Takaoka-sensei designed her own dresses that were actually remade.
Starting with the development of the fabric based on the design picture of Takaoka-sensei, we discussed the sewing procedure and detailed specifications.

12月の展示会までタイトで綱渡り的なスケジュールです。
It is a tight and tightrope schedule until the exhibition in December.

関連記事一覧

  1. 衣笠HPより

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP