つづれ織の知恵袋

マカオプロジェクト第5弾 ドレス試作が完成

マカオプロジェクトの目玉でもある今回の新商品開発。
10月に入り全貌が見えてきました。

その新商品は、西陣つづれ織りの生地で仕立てられるイブニングドレス。

昨日、別生地で仕立てられた試作品のドレスが上がってきました。
失敗の許されないこの企画、別の生地で1着全てを試作してから
本製品に取り掛かる手順になっています。

その試作品にデザイナーの高岡亜衣先生が自ら袖を通し、
仕上がりをチェック、ミリ単位の調整を行い、デザイン性、機能性を修正いたしまし
た。

このドレス用に開発された2種類の生地。
しなやかで高級感のあるつづれ織りとなっています。

この2種類の生地で2種類のドレスが生まれます。
完成に向け、着々と進行中です。

This new product development, which is also the centerpiece of the Macau project.
The whole picture began to appear in October.

The new product is an evening dress made with Nishijin spelled fabrics.

Yesterday, a prototype dress made with different fabrics came up.
This project, which is not allowed to fail, after making a prototype of the first piece with a different fabric
It is the procedure for getting started with this product.

Ai Takaoka, the designer, puts her sleeves on the prototype,
We check the finish, make adjustments in millimeters, and correct the design and functionality
It was.

Two types of fabric developed for this dress.
It has a supple and luxurious spelling.

Two kinds of dresses are born with these two kinds of fabrics.
It is steadily underway toward completion.

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP